親知らず

親知らずの抜歯

親知らずって抜くべきなのか?

正常に4本生えてきたらほかの歯と同様に大切にしてください。問題は、生え方の異常な親知らずです。例えば、

  1. 歯ぐきの横から生えてきた。
  2. 顔を出しそこなって歯ぐきの中に潜ったままになっているなどです。

1、のような歯は歯ブラシが届きづらいのでむし歯になったり、不潔になり歯茎が腫れたりします。

むし歯になっり腫れた場合は抜いた方がよいでしょう。また、異常な生え方のために痛みがあったり、噛み合わせが悪かったりしてほかの歯や顎関節に負担をかけているときがあります。上の親知らずだけが生えて下の歯がなく、噛み合わせの相手がない場合も抜いてしまった方がよいでしょう。

2、の場合でも親しらずが隣の歯に負担をかけていたり、隣の歯を治療しなければならなかったりするときは抜いた方がよいでしょう。

異常に生えた親知らずが起こす問題点

  • 食べ物のカスなどがたまりやすくむし歯になりやすい。
  • 歯ブラシが届きづらく、むし歯や口臭の原因になりやすい。
  • 隣の歯を押したりして歯並びを乱したり、かみ合わせが悪くなる可能性がある。
  • 親知らずが原因で不潔になり歯茎腫れることがある。

抜歯そのものは、痛みもほとんどなく簡単に治療できます。
当院にご相談下さい。

当院の特徴

30年の経験の下、出来るだけ痛くない、腫れない抜歯を心掛けています。
親知らずの抜歯が痛い原因は、麻酔の効き具合・抜歯にかかる時間・抜歯後の対応の三つに分けれられます。(それぞれの特徴を)抜歯後の痛みが数週にわたり続くのがドライソケットです。抜歯の傷口に血液の塊がなく骨が露出した状態です。

十分に麻酔をし、なるべく早く抜歯できるよう専用機材をそろえています。抜歯後に疼痛がでないように特殊な薬剤を入れます。この薬剤はドライソケット防止に有効です。