根管治療

根管治療とは

根管治療とは、歯の根っこの中(神経)を治療することです。
C0~C2までの虫歯治療は、歯の硬い組織だけの治療ですが、C3からは神経に達した虫歯になるので、歯の根の中を掃除してあげることが必要です。
根の先が感染して炎症・膿がある場合も根幹治療が必要になります。

時々、神経にまで達している虫歯を我慢してしまう人がいます。しばらくすると歯の痛みがおさまることがあるので本人は治ったと勘違いしたり、「痛くないからまだいいか」と歯医者さんに行くことを後回しにしてしまう。虫歯が神経に及んでしまっている場合、早めに治療をしないとご自身の歯を大きく失うだけではなく、最悪の場合は抜歯に至るケースもございます。

歯の神経の治療はとても繊細なもので、しっかり治療しても後で神経が細菌感染して膿がたまってしまうこともあります。感染した神経の治療の成功率は6割~8割ほどと言われており、最終的には抜歯せざるを得ない状態になってしまいます。

再発させない根管治療をするには?

再発させない根管治療をするには、いかに細菌を除去して治療できるかにかかっています。治療中は唾液が侵入してこないように気をつけながら、しっかりと滅菌し、根っこの中を掃除します。
もしも根の先に感染が見つかり、根の先が吸収してしまっている場合は当院では歯根端切除術と言って、根の先っぽの悪くなった部分を切除する治療を行います。

ただ、大臼歯の場合は神経が3個から4個あったり、人によっては複雑な神経になっていたりするので治療の難易度もケースバイケースです。難易度の高い治療になるほど成功率も下がりますので、そもそも虫歯が神経に達してしまう前に治療すること、しっかりお口の中のケアをすることがとても大切になります。

根管治療の流れ

診断

レントゲンを撮り、虫歯がどの段階にあるのかを診断します。虫歯が神経に達している場合は根管治療を行います。

治療

麻酔をして神経をとり、根の中の掃除をします。最後に薬を詰めて被せ物をして終わります。

治療は大体2回~4回で終わります。
感染根管の治療は暫く時間・回数がかかります。

当院ではエックススマートという特殊な器具を使用し、従来よりも短時間で治療が可能となり、患者様にできるだけご負担をかけないよう配慮しております。