予防歯科

当院の予防歯科に関する考え方

噛むという行為は、全身の健康とかかわりがあります。

例えば肥満防止。よく噛んで食事をすると、唾液が大量に分泌されます。それにともない、血糖値が上がって空腹感がなくなり、少ない食事量で満足感が得られるのです。

また、歯周病などで歯がグラグラして食べ物がよく噛めないと、栄養の偏りから、糖尿病などの病気も悪化します。反対に、肥満や糖尿病などの病気のある人は、歯周病が治りづらいこともわかってきました。生活習慣病と歯の病気は悪循環を生むわけです。

さらに、噛むことは脳を刺激することにも通じます。咀嚼は脳からの指令で行われ、噛んだ刺激はまた脳に戻り、脳を活性化します。

普段、咀嚼は無意識に行われていますが、反射的な行為ではなく、学習を通じて覚えた意識行動です。だから赤ちゃんのころからしっかり教えることが大切です。

クリーニング

虫歯になりたくないという方や、歯の汚れ(歯の茶色や歯のヤニ)を取りたいという方におすすめできます。
当院のクリーニングでは、ベテランの衛生士さんと連携することで、歯垢や歯の汚れの取り残しがないように1人1人にお時間をきちんとお取りして徹底的に歯のお掃除していきますのでお時間に余裕を持ってご来院ください。
短時間でパッとやってほしいという方にはあまりお勧めできません。

フッ素について

フッ素を歯につけるとむし歯になりにくくなるといわれています。ではフッ素とは何なのでしょうか?また、フッ素が歯を強くするとはどういうことなのでしょうか。

生態系におけるフッ素

フッ素はその強い反応性から、自然の状態では単体で存在しません。ですから何らかの物質とくっついて、安定した化合物として存在しています。フッ素は特別な物質ではなく自然界のたくさんのもの(空気、雨、土壌、水道水、動植物組織など)に含まれています。

フッ素のはたらき

歯とフッ素はどのような関わりがあるのでしょうか。人の歯の表面は、エナメル質でおおわれています。エナメル質は人体の中でもっともかたいところですが、むし歯になると溶けてしまいます。フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強い(溶けにくい)物質に変えることができます。

また成熟していない形成期の歯に対しては、より結晶性の高いハイドロキシアパタイトを生成して強い歯をつくります。ほかにも自然治癒が可能な初期のむし歯の場合、フッ素を塗ることで治癒を助けることが出来ます。

フッ素の安全性

私たちはフッ素を食べ物や飲み物などから自然に少しずつ体内に取り込んでいます。フッ素は特別な薬品ではありませんので、大量に使用しなければ体に悪影響を及ぼしません。

フッ素を塗ったからといってむし歯にならないというわけではありません。
フッ素は予防手段の一つにすぎません。むし歯予防の基本は食生活、生活習慣に気をつけることです。