小児歯科

子供の虫歯について

子供

むし歯は特定の食べ物や、飲み物のせいではありません。一般的に言われている歯に悪いもの(お菓子やジュース)でもきちんと間隔をあけて、一定の時間に食べて、しっかりと歯みがきができていれば特に問題はありません。しかし不規則に、あるいはたえず口の中に食べ物や、飲み物を入れている場合はむし歯になりやすい状態をつくってしまいます。食習慣のカウンセリングをした上で正しい歯ブラシの使い方を覚えていただきたいと思います。

当院の小児歯科

当院では、シーラントやフッ素塗布を積極的に行っております

フッ素を塗布すると、歯の表面から取り込まれて歯の結晶の一部になります

フッ素を含んだ歯の結晶は、普通の歯の結晶よりも丈夫になり、むし歯菌の出す酸に対して、より強くなります。そのため、フッ素を適切に使うことにより、歯の表面が強くなり、むし歯になるのを防ぎます。

虫歯になってしまったら

当院では、お子様の虫歯治療も対応しています。お子様にとって歯医者さんは怖い場所だと思います。その思わないように、お子様をリラックスさせてお時間をきちんととって治療を行うようにしています。また、子育て経験をのあるスタッフさんもいるので、安心して治療を受けていただくことが出来ます。

フッ素塗布とシーラントについて

むし歯を予防するのに大切なことは食習慣、生活習慣です。もちろん歯みがきも重要です。歯科医院ではこれら以外にも行える予防方法があります。ここでは、フッ素塗布とシーラントについて説明します。

フッ素塗布

フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効率的に取り込むことが出来ます。
① 歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
② 脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
③ フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさけます。(たまったつばは吐き出してください。)
上の①~③を2週間の内に3~4回行います。これを年に2~3回実施します。このほかにもフッ素の洗口法(うがい)やイオン導入法などがあります。

シーラント

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法があります。これがシーラントです。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。
ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。

フッ素塗布やシーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。また、これらの処置は初期のむし歯の治療法としても行います。

子供のブラッシング

歯みがきは口の中の健康を保つためにはとても重要なことです。子供によって個人差はありますが次のことを目安にして下さい。

上の歯が生え始めたら

水を含ませたガーゼや脱脂綿などを指先に巻き付けて、歯の表面の汚れをやさしく拭き取って下さい。このころは手にしたものを何でも口に入れたがるので、歯ブラシを遊びの中に取り入れ、歯ブラシに慣れさせましょう。また、お母さんは口の中を見る習慣を付けましょう。

1才になったら

少なくとも、朝と晩の2回くらいは小さなやわらかい歯ブラシを使って、やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。

1才6ヶ月~2才頃

自我がだいぶ強くなり、一人で歯みがきをしたがります。不十分ですから必ず後で見てあげましょう。歯ブラシは子供の口の大きさにあったものを選んで下さい。

3才過ぎたら

不十分ながら一人でみがけるようになります。しっかりみがけるよう訓練をはじめましょう。乳歯のむし歯が急増する時期ですので、必ずお母さんが仕上げみがきを行って下さい。みがいた後は忘れずにほめてあげましょう。